習慣力協会 について

「習慣力」で昨日の自分を超え、幸せになるための場

  • 習慣力協会とは?

    早起きをした方が良いと分かっていても、つい仕事に間に合うギリギリまで寝てしまう。

    体重や体型が気になりつつも、つい食べ過ぎてしまったり、間食に手を出してしまったりする(そして、飲み会の後の「シメのラーメン」...)。

    仕事のスキルや英語など、継続的な学びをしなければ、と思いながらも、毎日の忙しさにかまけて、つい何もやらずじまいになってしまっている…


    こんな「分かっちゃいるけど...」の状態が続き、気がつくと、何年も経ってしまっている、という方もいらっしゃるかも知れません。
    「分かっちゃいる」と言っていた昨日の自分を超え、実際に行動を変え、実践し続けることによって、現実は望むべき方向に変わっていきます。早起きや運動、食の習慣など、毎日の良い習慣は、良い人生を確実に創っていきます。


    「習慣力」とは、身に付けたい習慣を習慣化することができる力、そして自分を自分の望む方向へ変えていくことができる力です。
    この力をより多くの仲間と共に高めていこうとする目的で設立されたのが、習慣力協会。
    協会の会長は、「自分を変える習慣力」を始め、著書累計30万部を超える「習慣力」シリーズの著者である三浦将(みうらしょうま)が務めます。

    協会では、三浦が著書の中で提唱し、コーチングや研修などを通して、これまで数多くの人々に実際の変化をもたらしてきた「習慣力メソッド」を背景に、イベント/セミナー検定制度、メルマガ、動画配信など、オンライン、オフラインの両面で様々な角度から、会員をサポートしていきます。


    「習慣力」を高めることは、難しいことではありません。
    大事なことは、協会の活動でお伝えする効果的な方法を通じ、あなたに必要な習慣を「始めるかどうか」。そして共に進む仲間たちと一緒に、その過程を「楽しめるかどうか」です。その舞台は、ここに設定されているのです。


    人生をより良いものにしていくのは、才能の問題ではありません。
    それは毎日の習慣の問題なのです。

    そう、「習慣は才能を超える」のです。